この記事は2分ほどで読めます。

ASECコイン(エーセックコイン)とは

ASECコイン(エーセックコイン)

タイの貧困をなくす足がかりとして、
ASECプロジェクト関連事業の決済通貨として作られた、新たな仮想通貨がASECコインです。

この仮想通貨は流通と、貧困をなくすための慈善活動、
そしてビジネスの発展のために立ち上げられました。

ASECプロジェクトの中心人物は、元外務大臣も努めており
現在はタイにて慈善活動を行っております。

この元外務大臣「カセー・チャナオン」氏、2004年に国や公共に対して功労のある者から
特に高く評価される功績を挙げた者に授与される、
外国籍の方に対して送られる日本の勲章「旭日大綬章」を授与された方でもあります。

 

<PR>

 

ASECプロジェクトと仮想通貨を利用する理由

aseccoinの販売を計画し、公開まで持っていこうとしているのがASECプロジェクトの人物たちです。
この人物たちは、貧困救済には仮想通貨の独自発行が必要だと言っており
このプレセールで得た収益によって都市開発での資金として活用したいと考えられています。

また、市場公開後には、この仮想通貨の価値は高まると言われています。
理由はシンプルに都市開発計画等の決済通貨として利用することによって
流通量が劇的に増えるからと言われています。

都市開発予定地と言われている国立公園の麓は広大で、
広さは東京ドームが100個以上と言われています。
そんな場所の開発の為の決済通貨として利用されるのです。

この都市開発後も、もちろんASECコインの使用は可能です。

現在プレセール中!
ASECコインの詳細はこちら>>

 

 

ASECコインのプレセール価格は毎月上昇中

ASECコインは最初の販売予定価格こそ1ASECあたり10セントでしたが
毎月1日に価格を上昇させ、最終的に1ASECあたり1ドルにまで引き上げて取引所をオープンする予定です。

 

<PR>


スポンサードリンク







 

こちらもお読みください【オススメの関連記事】