この記事は7分ほどで読めます。

asecコインの魅力と仮想通貨のチャートについて

asecコインの魅力と仮想通貨のチャートについてのイメージ画像

《PR記事⏩》相場の福の神・藤本 誠之氏の必勝仮想通貨塾【株ブログ PR記事】

NOAHコインやASECコインといった新興仮想通貨(暗号通貨)はまだまだ知名度も低く、
銘柄の判断に自信が無い方や初心者の方
にとっては、触れるとやけどするようなイメージがあり、
仮想通貨の投資に関しては、まだまだ初心者の方にとっては、なかなか判断がしづらいものであるのではないでしょうか。

ですが、そんな新仮想通貨(暗号通貨)でひと山当てたい、仮想通貨バブルに乗って、あわよくば億万長者になりたい。

かの仮想通貨ビットコインで小遣い稼ぎどころか莫大な資産を稼いだ方もいるに違いないのに、 その時流に乗り遅れてしまった、第二のビッグチャンスが訪れるのを本当に心待ちにしている。

そういった考えを持っておられる方が、asecコインを含む、アルトコインの数々の魅力に惹き寄せられ、惹かれているのではないでしょうか。

かくいう筆者もその一人でもあります。

現在ではビットコインは取引が停止し分裂危機とも言われていますが、仮想通貨のチャートが値動きをし、
仮想通貨の投資に注目が集まるのもビットコインの余熱といいますか、
その余韻が未だに残っているからだと思います。

<PR>※将来有望な新興コインをお探しの方へ!

asecコインの魅力について

ビットコイン以外の新興暗号通貨のことを、オルトコイン・アルトコインと呼びますが、
エーセックコインもそうですが、なぜこれらの仮想通貨が注目を集めているのかというと、
仮想通貨への投資がいま最も注目されている投資ジャンルだからです。

ネットビジネス業界から参入してきた方やFX、株式投資などで活躍していた方が、
最近ではかなりの勢いでアルトコインのICOでHYIP(ハイプ)案件を紹介したりなどして大変話題になっています。

そしてasec coinの魅力ですが、

下記の記事でも触れましたが →エーセックコインの注文方法・購入方法について

http://asec-coin.biz/2017/0721/91/

タイ政府の要職を歴任したことのあるDr.カセー氏が、しっかりとした「目的」を持って、
それなりの「組織」と「戦略」と「信頼」を兼ね備えながら動かしているプロジェクトだからこそ、
エーセックコインの販売というプロジェクトにはそれなりの魅力があり、
そしてそこに惹かれると言うわけです。


スポンサードリンク







Dr.カセー氏(カセー チャナオン)について

東南アジアの貧困問題解決を担う仮想通貨プロジェクトの最重要人物であり、
エーセック・フロンティア(ASEC FRONTIER.inc)の最高顧問がDr.カセー(カセー・チャナオン)氏です。

後述の「ASECコインの販売資料」にも記載されておりますように、
Dr.カセー氏はタイ政府の保険大臣や外務大臣、さらには首相府大臣を歴任した経歴の持ち主であり、
アジアのノーベル賞と呼ばれている「マグサイサイ賞」や日本から外国人に贈られる
最高位の勲章である「勲章旭日大綬章」を受賞されたりと、大変輝かしい経歴の持ち主でもあります。

Dr.カセー氏(カセー チャナオン)の経歴とプロフィール

上記をそれぞれクリックされますと、大きめの画像がご覧いただけます。

また、Dr.カセー氏(カセー チャナオン)は、
東南アジアの貧困問題を解消する慈善団体「ADPC」の創設者であり、タイ政府の要職を歴任し、
その生涯を自国のために捧げ続けた高官が、人生最後のプロジェクトに選んだのが、
【ASEC COINによる東南アジアの貧困の救済】というわけです。

「ASECコインの販売資料のDr.カセー氏のプロフィール(経歴と実績)によりますと、
2006年にDr.カセー・チャナオン財団設立(東南アジアの経済発展・地域医療に貢献)、そして昨年、
2016年にはASEC FRONTIERの最高顧問に就任と記載されています。

自国を愛し、自国の国民に愛されて、自国の発展のためにその生涯を捧げてきたDr.カセー氏が
人生最後のプロジェクトに選ぶASEC COINによる東南アジアの貧困の救済。
カセー チャナオン氏についてご存じなかった方は、上記をご覧になられまして知識を深められましたら幸いです。

<PR>タイ政府の元大臣が仕掛ける暗号追加はこちら!

 

仮想通貨のasec coinについて

2017年は「仮想通貨バブル」の元年と呼ぶに相応しい時代の幕開け―――。
仮想通貨の市場規模は今年から5年で約6,000倍に拡大すると予測されているのだそうです。

・将来有望な新興コインを探している方へ
・現在の仮想通貨の市場規模は約10兆円。

これが現時点で推定されている未来の仮想通貨の市場規模では約560兆円への到達するのだそうです。
上記をクリックされますと、大きめの画像がご覧いただけます。

エーセック・フロンティア(ASEC FRONTIER.inc)をご覧になりたい方は、以下のリンクをクリックして下さい。
ASEC FRONTIER GROUP PRESENTS 「ASECコインの販売資料」
これにより業界の有識者の間では数年以内に「産業革命以来の経済革命が起こる」とも考えられ、
これから先には何人もの仮想通貨長者が現れるとも。

仮想通貨の運用方法・購入による投資について

仮想通貨で投資を行うためにはそれなりの事前の知識が必要になります。
例えばICOやプレセールとった専門用語です。
ICOは、株式になぞらえて「新規の仮想通貨が世に出回る」ことを「ICO」と呼びます。

仮想通貨における「プレセール」とはどういうものかといいますと、
仮想通貨が取引所に上場すれば広く一般の方が売買できるようになりますが、
プレセールの多くはクラウドファンディング、
すなわちインターネット経由で人々や組織に財源の提供や協力などを行い、
資金調達を行い、資金を募って報酬とし、未公開の仮想通貨を受け取れる仕組みのことをいいます。

仮想通貨のプレセールは、上場すればプレセール時の価格よりも値上がりする可能性があります。
プレセールで仮想通貨を入手することで大きな利益が得られる場合もあります。
ここまでお読み頂き、ICOやプレセール仮想通貨の用語がいまいち理解できない方も多くいらっしゃるかと思います。

そこで仮想通貨のプレセールのことを株式でいう未公開株と同じようなものだと考えていただくとわかりやすいでしょう。

未公開株というものは、実際に上場すれば大きな利益が得られることもありますが、
詐欺が多いことでも有名ですのでそれなりに注意が必要です。

仮想通貨の運用や購入による投資を行う場合は、
よくある手口のセミナーや代理店経由で購入させるなどの方法に注意し、詳細をきちんと把握できるものをよく見てから購入するようにしましょう。

仮想通貨のチャートについて

仮想通貨(暗号通貨)のチャートについてですが、初心者の方はまずチャートというものが何なのかがわからないかと思います。
チャートとは株式や相場の予測をするために必要なツールのようなものでして、
株でも何でも予測ができなければ購入し難いですし、ものを買うにも予測がないと不安で仕方ありません。

そこでチャートという相場の値動きを見ることによって、商品の今後の予測を立てつつ購入を検討するというわけです。チャートを頼りにしてトレード(売買取引)をするのが一般的です。

ちなみにチャートといえば、金融商品の取引でご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、
日本のローソク足チャートが有名です。
始値(はじめね)、高値(たかね)、安値(やすね)、終値(おわりね)、をローソクのような形で表示するのがローソク足チャートです。

チャートとは、言うなればその仮想通貨の価格と時間との関係=「過去の値動き」をグラフ化したものをいいますが、仮想通貨で利益を生み出すにはチャートは非常に重要でして、初期段階から日々情報を集めて分析をすることにより、価格変動パターンや経済動向を見た上でトレードを行っていく際に活かしていけるのです。

ただしチャートを見たからといって、それが確実な投資の判断材料になるのかといえば決してそうではなく、
あくまでもチャートは情報の一環として、普段から見る習慣をつけておくべきものだと認識しておいて下さい。

<PR>仮想通貨asecコインの購入ならこちら!

 

スポンサードリンク

こちらもお読みください【オススメの関連記事】