この記事は2分ほどで読めます。

タパナ氏について

ASECコインの最重要人物と言われていれるのは慈善団体「ADPC」の創設者であり、 タイ政府の要職を歴任していたDr.カセー氏(カセー チャナオン)と 今回ご紹介するタパナ氏(タパナ・ブンラー)です。

Dr.タパナ氏の経歴

タパナ氏は過去に大きな都市開発事業をいくつも請け負っていた過去があり 今回のダイヤモンドシティ建設等ASECプロジェクトに関する開発・不動産に関する事業。 また鉱山と採掘といった事業、そしてそれらの決済を仮想通貨で行えるよう、 仮想通貨に関する事業にて中心に立ち、戦略を立て、このプロジェクトが成功するように 導いてくださる予定があります。

またタパナ氏はビジネスや政治、教育分野に精通する著名な実業家としてテレビ番組などにも出演。 各国との貿易業を牽引し、優れた経営者を称えるWHOS WHO IN THAILANDに選出された経緯もあります。

Dr.カセーとの関係

このような経歴を持つタパナ氏ですが、Dr.カセーとは師弟関係にあり、 お互いに尊敬する関係であり、共にあらゆるプロジェクトを牽引してきた盟友でもあるそうです。
今回のASECプロジェクトへの誘いにも 「わたしがあなた(Dr.カセー)のお願いを断るわけがありません
と即答して頂いたそうです。

将来の見通しとして

これだけの実績と経歴を持つタパナ氏が、ASECプロジェクトの事業戦略を企てた時、 一体どれだけの事業収益が見込めるでしょうか?
それは実際にここをご覧になっている閲覧者様にご確認いただければと存じます。

<PR>タバナ氏がリードする仮想通貨はコチラ

 

Dr.カセーについて

Dr.カセー(カセー・チャナオン氏)はタイの元国務大臣にして現在ASECfrontierの最高顧問に就任されています。
2006年には財団を設立し貧困救済に力を入れていらっしゃる方です。
こちらの関連記事よりご確認いただけます。

タイの元外務大臣がプロデュースする期待の新興コインとは?


スポンサードリンク







 

こちらもお読みください【オススメの関連記事】

スポンサードリンク