この記事は7分ほどで読めます。

aseccoinと仮想通貨/暗号通貨の最新情報

次世代を担うかもしれない仮想通貨バブルのイメージ画像

次世代を担うかもしれない仮想通貨バブル。

今年、2017年は仮想通貨バブルの元年と言われています。

これから先、数年に渡って仮想通貨バブルが始まります。

その市場規模は約1兆円とも言われていまして、仮想通貨の市場規模は今年から5年以内にで約6000倍にまで拡大するという予測まであります。

仮想通貨といえば、最近注目を集めたビットコイン(Bitcoin)を筆頭に、リップル(Ripple)やイーサリアム(Ethereum)、ライトコイン(Litecoin)、ドージコイン(Dogecoin)、GEMSにGMC、XNF等、現在様々な仮想通貨・暗号通貨がありますが、その中でも最近特に注目を集めているのが、タイの要人が仕掛ける仮想通貨のASECコインです。

現時点での、現在の仮想通貨市場規模は1兆円。

そして“未来”の仮想通貨の市場規模は6000兆円と言われています。

2017年は仮想通貨元年

今年は仮想通貨バブルの元年のイメージ画像

今年は仮想通貨バブルの元年。
投資家として、この千載一遇の仮想通貨バブルに乗るためにはどう行動するべきか?
投資家でなくても、仮想通貨の投資に興味がある方でも、この波にどう乗っていくべきか?

“未来”のことは誰にもわかりません。

ですが、一つだけ言えることは、今年に入り仮想通貨への投資を始める方や、
仮想通貨に分散投資をする人が増えてきているということです。

本稿では仮想通貨(暗号通貨)をこれから始めようという方や、仮想通貨の投資のことは聞いたことがあるけれど、あまり詳しくはなくて最近の動向に疎い方を対象に、巷で話題のaseccoinや仮想通貨の新情報、知っておくべき情報をご案内します。


スポンサードリンク







日本で仮想通貨法案が可決

2016年5月25日の参院本会議におきまして、「仮想通貨法が可決」されました。

日本ではまだあまり馴染みが薄いかもしれないビットコインですが、海外では既にビットコインに対する法改正 が進んでいますし、日本におきましても2016年の3月にビットコインを含む仮想通貨に関する法案が国会に提出され、2016年5月25日の参議院本会議では可決・成立されました。

そして2016年12月に可決された改正資金決済法(仮想通貨法)が、2017年4月から施行されました。
これによりビットコインが注目を集めたのは記憶に新しいところです。

我が国・日本国では現在、仮想通貨(世界では暗号通貨と呼称)は立派な「通貨」と認められました。

こうした流れからも、今年、2017年は仮想通貨・暗号通貨の元年であるといえるでしょう。

タイ ダイヤモンドシティ計画について

タイ王国の首都であるバンコクでは現在、都市鉄道の整備が加速しています。

タイといえば、近年観光産業として栄えていることで有名ですが、そのタイでは現在国内の都市開発事業が盛んです。

そしてそんなタイ王国で数年前から開発中なのが、「タイ・ダイヤモンド・シティ」と言う巨大都市開発計画です。

【タイ・ダイヤモンド・シティ計画とは】

「Thai Diamond City(タイ・ダイヤモンド・シティ)」という都市開発事業が、実際にタイのケーンクラチャン国立公園の麓で開発計画が進められています。

「タイ・ダイヤモンド・シティ」と言う巨大都市開発計画について

・タイのダイヤモンドシティは面積が11,055エーカーで8区域に分類されている
・ダイヤモンドシティ計画はタイ王国の観光促進のために行われている
・タイ ダイヤモンドシティ計画はケーンクラチャン国立公園の麓が開発場所である
・タイ・ダイヤモンド・シティ計画の開発面積は35,000Raiで日本の東京ドーム1,000個分

タイ・ダイヤモンド・シティのHP ⇒ http://www.thaidiamondcity.com/thaidiamondcity/?q=ja

タイ・ダイヤモンド・シティ計画の開発場所である「ケーンクラチャン国立公園」の麓付近は以下になります。

※タイのダイヤモンドシティ計画の場所であるケーンクラチャン国立公園を、上記の地図から探してみるのも良いでしょう。

暗号通貨で稼ぐ方法と購入や投資の仕組み

株やFXで稼ぐには、それなりの知識が必要です。

これから初心者が株やFXで稼げるようになろうとすると、用語や仕組みなども勉強しなければなりませんし、誰にでも簡単に投資ができるという訳ではありません。

ですが暗号通貨・仮想通貨の場合ですと、株やFXに比べて比較的に簡単に投資ができると思います。

行動しなければ何も変わりません。
将来の日本の年金システムに不安がある方や、年金が破綻するのでは?と不安に思っている方も相当数いらっしゃると思います。

暗号通貨で稼ぐ方法は簡単です。仮想通貨(暗号通貨)が黎明期から 成長期に入った今、そして成長期から円熟期に入る今後、それまでの間に、今後人気が出るであろう仮想通貨に今のうちから投資して、 FXのようにレバレッジを利用して、少資金で大きく稼ぐ方法。
それこそが暗号通貨で稼ぐ方法であり、仮想通貨を使用した稼げる仕組みなのです。

ASECコインの販売用URLです。

エーセックコインを購入するなら上記バナーからどうぞ!

タイの要人が仕掛ける仮想通貨について

当ブログでは過去に何度かDr.カセー氏についての記事を書いていますが、本稿でもこの場を借りて簡単にご紹介します。

※以下は過去記事・Dr.カセー氏関連です

Dr.カセー氏(カセー チャナオン)について

asecコインの魅力と仮想通貨のチャートについて

ASECプロジェクトの最重要人物について

エーセックコインの注文方法・購入方法について

Dr.カセー氏(カセー チャナオン)と 今回ご紹介するタパナ氏(タパナ・ブンラー)

タパナ氏について

ASECプロジェクトの発起人はDrカセーという、タイでは知らない人はいないぐらいの公人

あなたは「ホンモノ」の仮想通貨を見極められますか?

Dr.カセー氏は世界19か国が加盟するADPCの創設者で会長

【新暗号通貨+ASEC COIN】仮想通貨・エーセックコインの購入方法

まとめ

aseccoinという仮想通貨/暗号通貨は、他の巷に出回っている仮想通貨とはどこか違うように筆者は思います。

どの点が違うのかと言いますと、よくある埋もれていく暗号通貨は運営会社や運営責任者が出てこなかったり、新興コインならではの常套句・セールスポイントがあります。

例えばどこかの国の王族や貴族が推奨した、とか、ある国の都市計画で使用される予定がある、とか、有名なオンラインゲームで使用されているから、とかです。

asec coinも都市計画で使用される予定があるのですが、他のよくある仮想通貨の都市計画とは異なり、「ASEANの共通通貨を作る」という目的と「東南アジアの貧困救済」
つまり「タイの巨大都市開発計画とASEANの経済発展」という大きな目的のために開発された新興コインなのです。

ASECコインの販売サイトはコチラ

エーセックコインの購入なら上記バナーからどうぞ!

asec coinは運営会社、最高顧問が出てきていますので確度は高いかな、という感じがしますし販売代理店申請も以下から簡単に行えますので、よろしかったら登録してみてください。

ASECコインの代理店制度のご紹介用URLです。

資金に余裕がある方でしたら今のうちから仕込んでおくのも良いでしょう。
aseccoinは2、3年後に大きな資産になるかもしれませんよ。

もしかすると最安値で買えるのも今のうちだけかもしれません!

aseccoinは毎月販売価格が更新

※asecコインは毎月販売価格が更新されています。

販売価格は、エーセックプロジェクトの事業の進捗具合やコインの販売量を元に、運営元のasec frontier(エーセックフロンティア)が販売価格を算出しているようです。

ASECコインの販売価格

ASECコインの販売価格は、
今年の1月には1ASEC = 11セントでしたが、
2017年5月には1ASEC = 15セント
そして先月8月には1ASEC = 22セントです。

大事なことなので、もう一度言いますが、
ASECコインの販売価格は今年の1月には1ASEC = 11セントでしたが、
2017年5月には1ASEC = 15セント、そして今月8月には1ASEC = 22セントです。

ASEC関連の事業が動き出すことと、販売量が劇的に増加していることは影響しあっています。
もしかすると今後、一気に価格が跳ね上るかもしれませんよ!

何事もそうですが、稼げるって分かってからビジネスをするのでは遅すぎる場合がありますから。
現時点でasec coinを持っている人が、日本人全体で見たら少ない今こそ、大きなチャンスかもしれません。

<PR>

 


スポンサードリンク







こちらもお読みください【オススメの関連記事】

スポンサードリンク