この記事は5分ほどで読めます。

asecコインの国内取引所と福岡、日本とタイの関係(日泰関係)について

asecコインの国内取引所について

エーセックコイン関連でよく皆さんが気になるのは、おそらく国内取引所のことなのではないでしょうか。

仮想通貨(暗号通貨)の投資の世界に疎い方や、まだまだ仮想通貨の投資が初めての方、初心者の方ですと、国内取引所のことをあまり良くわかっていらっしゃらない方が多いでしょうから、

ご説明しておきますが、ASECコインは販売スケジュールが決められておりますので、その販売スケジュールに則り2018年末までは、国内取引所はまだありません。

ASECコインは2018年末に取引所が開設されます。
ですので、それまでは毎月1日にのみ、asecコインの価格が更新される決まりとなっています。

ちなみに仮想通貨の投資ですが、初心者の方にも理解できるように簡単にご説明しておきますと、ASECコインの値上がり幅は通常、前月の販売量を元に算出され、それをもとに値上がり幅が調整されています。

ですので2017年1月1日は1ASEC = 11セント、2017年5月1日は1ASEC = 15セント、(1月1日から5月1日までは毎月1セントずつ値上がりしていました)

ですが2017年6月1日には1ASEC = 20セントと一気に値上がりしたのも、6月は4月と5月の販売量が多かったからだということですし、販売量をもとに価格が更新されるわけですから、場合によってはいきなり高騰する可能性もあるわけです。

※今年の4月・5月頃まではasecコインについて書いているブログや情報も少なく、あったとしてもネガティブな情報などが多かったのですが、Dr.カセー & Dr.タパナ氏、特にDr.タパナ氏の来日と東京公演などを機に、ASECCOINの購入者も増えてきておりますし、それに伴うかのようにASECCOINの価格も上がってきているように見受けられます。

現在、仮想通貨への投資は本当にブームの兆しを見せております。

先般のビットコインで知られますように、今年2017年は仮想通貨バブル
の真っ只中でして、ビットコインによる”仮想通貨長者”なる言葉も有名になりましたし、現在順調に伸びているエーセックコインを分散投資の一環として、また、仮想通貨バブルに乗って、近い将来の仮想通貨長者を目指してみるという意味でも一口ぐらいは買っておいても良いかもしれませんね。

※ASECコインの購入や販売代理店などの詳細は、以下のバナーを御覧ください。

*ASECコイン詳細資料

 

新暗号通貨・ASEC COINと福岡県について

ご存じない方もいらっしゃるでしょうが、暗号通貨ASEC COINについて情報収集をしていると、なぜか福岡という地名に辿り着く方もいらっしゃいます。
また、大手検索サイトでasec coin関連を調べていると、仮想通貨や暗号通貨と共に、日本の福岡という地名が一緒に候補に出てきたりもします。

ですので、この件について簡単ながらご説明しましょう。

新暗号通貨・ASEC COINと福岡県についてのイメージ画像

まず、なぜasec coinの関連情報と日本の福岡が関係しているかといいますと、それは日本におけるエーセックコインの販売やプロモーション、代理店業を一任されている「株式会社 ASEC PROJECT PARTNERS.」が、ASECコインの運営元であるASECフロンティアグループ(ASECFRONTIERCo)と直接契約をしているからで、そのASECプロジェクト PARTNERS.の本店の住所が福岡県福岡市中央区舞鶴だからです。

それ故、ASEC COINと福岡県が関連深い情報として検索されているといえます。


スポンサードリンク







asec coinと日本とASECコインでなければならない理由

皆さんはタイについてどこまでご存知でしょうか。実はタイ人は新日としても有名です。

タイ人の対日感情はとても良く、タイ王国からの日本に対する好感度も年々上昇しているのだとか。

また、タイ人の親日度だけじゃなく、日本とタイの関係(日泰関係/にったいかんけい)や物価の違い、日本食の普及などの観点からも、asec coinの普及のきっかけを作るのは、日本でなければならないのでは、と筆者は思います。

asec coinと日本とASECコインでなければならない理由のイメージ画像

首都バンコクへ旅行に行けば一目瞭然ですが、タイ人は日本の文化を好み、日本食の普及も破竹の勢い、その数なんと、年間で200店舗も日本食レストランが開店しているのだとか。

そういった意味でも、今後タイで、タイ・ダイヤモンド・シティという名の巨大な都市開発計画とともにエーセックコインの普及を担うのは、我が国日本でなければならないのだと思います。

ちなみにエーセックコインがタイ王国で今後使用され始めたら、その総額は日本円で何兆円規模にもなりますし、タイの貧困救済のみならず、共通仮想通貨としてASECコインが一層普及し、それこそ本当に「アジアの中にユーロを作る」というASECのプロジェクトのテーマが実現へと向かうのです。

asec coinのプロモーション

ASECコインは投機性のみならず、上記でも述べましたように現在利便性を高めるために、着実にその計画は推し進められています。そして来年、2018年末には取扱店2,000店舗を目標に、プロモーションが継続的に構築されています。アジアの南部、貧困救済のためには必要不可欠なASECプロジェクト。

asec coinのプロモーションのイメージ画像

ASECコインは昨年、2016年10月からクラウドセールされています。
そして現在では大々的にはプロモーションが行われておらず、その活動と動きは水面下ですが、着々と進行している段階です。

そんなエーセックコインですが、毎月金額は上がっていく方針で、来年、2018年末に取引所がオープンしますので、そこで初値が決定することになっています。

ちなみに現時点では、取引所ではASECコインは購入できません。(2018年末の国内取引所がオープンするまでは)

※購入や資料の閲覧は、以下のバナーリンクからのみとなっています。

*ASECコイン詳細資料

 


スポンサードリンク







こちらもお読みください【オススメの関連記事】