この記事は3分ほどで読めます。

副収入にできる仮想通貨の情報

仮想通貨市場では、分裂騒動のあったビットコインの新企画が、無事にアクティベート(有効化)されました。

この新規格はSegWitと言い、簡単に説明しますと、これを有効化することにより
ビットコインの送金手数料の減少が見込まれています。
また、この規格では情報が圧縮されるため、現状のブロックサイズでも容量の確保が出来、
多くの処理が素早く出来るようになるという希望により、更に価格が上がることが見込まれています。

しかし、現状でも既に47万円を超えているビットコインでは、なかなか副収入としてはつかみにくいものかと思います。

仮想通貨の最新情報

ビットコインがSegWitのロックイン期間に入った仮想通貨市場ですが、25日14時半現在のチャートは以下のような値動きになっています。


↑ 画像はcoincap.ioのものです。

以前の記事「仮想通貨でしっかりと利益を得る方法」の時から、仮想通貨全体の時価総額が
大幅に更新されています。

その額なんと約1.500億ドル(16.5兆円)以上!
これには日本人の投資家が増加したことで、ビットコイン以外にも目を向けられる機会が増えた事や、
アルトコインの取引が多い韓国でも動きがあったためと言われており、
実際に仮想通貨全体に占めるビットコインの割合は7月末よりも少なくなってきています

日本における仮想通貨元年は本当だった

とある取引所の社長がおっしゃっていた仮想通貨元年という言葉も、今年に入ってからの
日本における取引量や、実際にビットコインが1月から5倍近く跳ね上がっているのを見ると、
法整備が行われたことの強さが分かります。

実際にビットコインを利用する店舗や、また少し前に話題になったVALUというフィンテックサービス
でも利用されている事から、暗号通貨自体を知る人も増えてきたことにより、
今後さらに価格が上がることが予想されています。

今からでも副収入に出来る仮想通貨/暗号通貨と購入方法

価格の上昇が続いている仮想通貨ですが、ではもう副収入やお小遣い目的での投資は難しいかと言うと、そうではないと思われます。

韓国でも行われているアルトコインは、日本語対応の取引所でも購入・取引が可能なものはございます。
コインチェック取引所は日本の取引所の中では得にアルトコインの種類が多い取引所になります

また、プレセール期間中の暗号通貨やICOは信用が少ない為リスクも大きいですが、
その分リターンも高くなることあります。
ローリスク・ローリターンで少しずつ増やすか、ハイリスク・ハイリターンで一気に増やすかは貴方次第になります。

ただ、現状の仮想通貨の波はまだまだ高くなる要素があると思います。

*プレセール中!ASECコイン詳細資料<

 


スポンサードリンク







こちらもお読みください【オススメの関連記事】

スポンサードリンク