この記事は12分ほどで読めます。

モナーコインのマイニングのやり方や最新情報、仮想通貨の今後の成長についての展望

モナーコインのマイニングのやり方や最新情報、仮想通貨の今後の成長についてのイメージ画像

最近様々な暗号通貨(仮想通貨)のニュースが一般のメディアを賑わし、テレビのCMでもビットコインやBitFlyerを見かける日が多くなりましたが、先日の中国でのビットコイン関連の話題以降、どんどんとアルトコインへの注目が高まってきているように感じます。

現時点でのビットコインの使い道云々は置いておくとして、これほどまでにビットコインや仮想通貨に注目が集まり、盛り上がっているのも我が国・日本ならではのものと言えるでしょう。

ちなみに日本独自の仮想通貨(暗号通貨)情勢といえば、最近話題のモナーコイン(monacoin)に関しましてもそうです。

※日本国内での仮想通貨取扱所といえば、bitFlyer(ビットフライヤー)、Coincheck(コインチェック)、Zaif(ザイフトークン)があります

そしてモナーコイン、またはモナコインに関しては、国内大手仮想通貨取引所であるZaif(ザイフ)で取り扱うモナコインに対しても最近注目が集まってきているようです。

今回の記事では、これからモナコインを調べてみようという方や、現在ビットコインを保有・ホールドしているものの、モナーコインに関してはよくわからない、という方、そしてモナーコインのマイニングのやり方や最新情報、仮想通貨の今後の成長について、現時点で判明している最新の情報や仮想通貨・暗号通貨関連のニュースも交えながら、わかりやすく簡潔に述べたいと思います。

モナーコイン(モナコイン、monacoin)のマイニングとは

モナコインのみならず、仮想通貨を採掘することをマイニングといいます。採掘といっても、実際にどこかに赴き、穴掘りなどを行うということではなく、パソコンとインターネットを利用して仮想通貨の「モナーコイン」を入手する、と思って下さい。

ちなみに仮想通貨のマイニングとは採掘のことなのだから、上手く行けば無料でタダで暗号通貨がゲットできる、と思ってしまいがちですが、実はここに注意点がありまして、確かに仮想通貨がどんどんと高騰してきていますので、仮想通貨の取引所で購入したり、ビットコインのATMで購入するよりは、

無料で手に入れる=マイニング(採掘)をすることで報酬として入手するほうが得なような気がしますが、ここで気をつけていないといけないのが電気代です。

※モナーコインの取引所は「Zaif」がオススメです。

マイニングとはのイメージ画像

モナーコインのマイニングソフトとは

例えば一ヶ月間の期間を定めてモナーコインを採掘してみるとして、実際に日本円の取引所の口座を開設し、(日本円/モナーコインの両替が自由に出来るようにするためです)ウォレットをインストールし、モナコインの公式サイトにアクセスして専用ソフトをダウンロードし、(HDDは25GBほど使用します)プールマイニングサイトに登録し、複数人と共同で採掘するとして、マイニングソフトの「cudaminer」をインストールし、GPUでのマイニングをスタートさせるとして、1日あたり3MONA程度の採掘ができるとして、それに対して消費電力はどれぐらいになるのかということも考えておかなければなりません。

※共同でマイニング(プールマイニング)するにはVIP Poolというサイトがオススメです。

電気料金計算
http://www.denki-keisan.info/

また、モナコインのマイニングには、一日あたりの採掘量とそれに掛かる電気代、そして利益、これらに対しても敏感になってしっかりと収益計算をし、1ヶ月ではどれぐらいの黒字化となるのか、そしてマイニングに必要な「GeForce GTX 1050 ドライバー」といったグラフィックボード・ビデオカード製品、所謂グラボやマザーボード、ケースを購入し、その設備投資に対し、どれぐらいで元が取れるのかもしっかりと計算しなければなりません。

モナコインのマイニングにはグラフィックボードが必要のイメージ画像

monacoinのソロマイニングとは(マイニングの方法とやり方・マイニングソフトも解説)

ソロマイニングとプールマイニングの違いをご存じない方のために、簡単に説明しておきますと、要は採掘したモナーコインの取り分を、共同で分けるのか、独り占めが出来るのかということです。

プールマイニングの方は掘り当てたモナーコインをみんなで割り当てるのに対し、ソロマイニングの方はモナー コインネットワークに接続するMonacoin Core自身で立ち上げ、さらには マイニングプログラムを接続した後も、孤独に一人で採掘を行うのですから、当然、ソロで掘り当てられれば掘った分は独り占めできるのは当然と言うわけです。

ちなみにモナコインのソロマイニングの方法とやり方についてですが、OSの環境はWindowsOSで32bit、64bitどちらでも大丈夫です。GPUはNVIDIAのグラフィックボード(GeForce GTX 1080Tiなどが良いです)。それとプールマイニング同様、モナコインウォレットの導入は済ませておいてください。



次にウォレットの設定ですが、お手持ちのマイニングソフトからウォレットへアクセスできるように設定を行いますので、設定ファイルをウォレットのデータ保存ディレクトリにコピーし、ウォレットが無事起動できるか確認した後に、マイニングしたコインの受取用のアドレスを設定し、ソロマイニング用のソフトをダウンロードしてからマイナーと呼ばれるマイニングソフトの設定を行い、ここまでの手順を踏んで初めてマイニングが開始できると言うわけです。

※モナコインのソロマイニングを行う際は、ウォレットが起動していなければなりませんので、必ずウォレットが起動しているようにしてください。

vip poolの使い方とmonacoinのクラウドマイニングについて

モナーコインとは、今から約3年前の2014年の1月1日から稼働している日本初の暗号通貨です。そしてそもモナーコインを採掘するには、VIP Poolへの登録が必要になります。VIP Poolの採掘、つまりマイニングを行うためにはVIP Poolへの登録が必要。

モナコイン(モナーコイン)の発掘(採掘)をこれからやってみようとお考えの方は、使い方を調べる前に、まずご自身のPCスキルの確認から始めましょう。もしかすると、モナコインを採掘するためには結構なPCスキルが必要かもしれません。なぜならbatファイル等を弄らなければならない場面も出てくるからです。ですので全くパソコンスキルが無いという方ですと、少し厳しくなってくるかもしれません。

ちなみにvip poolの使い方ですが、こちらは簡単でして、サイトにアクセスしまして左側のメニューから登録をクリックし、必要事項の入力を済ませます。

VIP POOL
https://vippool.net/

そしてワーカーの登録を行い、発行されたワーカーのIDとパスワードを大事に保管し、発掘作業するPCごとにワーカー登録を行い、アカウント編集から入金先の受取アドレスを入力をすることでモナーが溜まったら払い出しを行えるようになります。ちなみに自動払い出しの値はお好きなように設定ができます。

次はmonacoinのクラウドマイニングのことですが、CPUマイニング、ASIC、クラウドマイニングと様々なものがありますが、現在は仮想通貨をマイニングするクラウドサービスが様々なところから提供されていまして、Monacoinの採掘(マイニング)も自力でソロマイニングをしていくのには限界がありますから、ASICという採掘専用機を 入手するか、クラウドマイニングに参加するのが主流となっているようです。

マイニング収入とは

現在、マイニングを始めた方が収益を上げているなどの情報(マイニング収入)をインターネットで公開するのが流行っているようです。暗号通貨のマイニングで本当に利益が出せるのか?ビットコインやモナーコインのマイニング(採掘)は儲かるのかと疑問に思っている方は、サラリーマンの副収入としても最近話題の仮想通貨のコイン掘りについて、少し調べてみるといいかもしれません。

最近では会員制のサイトなどに登録をし、共同で助け合いながらのマイニングで一ヶ月にだいたい20,000円ほどの収入を上げている方が多いようです。


スポンサードリンク







タイの仮想通貨の現状と取扱所(取引所)について

投資も含め、権利収入や仮想通貨の購入などの副収入に敏感な方が最近注目しているのが、タイの仮想通貨の現状です。日本ではあまりご存じない方が多いかもしれませんが、実はタイと言う国は外貨の流通が多いことで知られています。また、SNSでの商品購入が51%という驚異的な数字で、これは世界一ということもあり、今後ビットコインを始め、仮想通貨(暗号通貨)が最も成功する可能性があるのではないかと言われているのがタイと言う国なのです。

タイは仮想通貨が成功するための条件が見事に揃った国です。
また、タイは外国から訪れる外国人観光客が最多で年間で約3000万人もの訪問があることでも知られています。

ちなみにビットコインをタイに送金する手段として、日本円で日本の取引所でBTCを購入した後に、日本の取引所からタイの取引所のビットコインアドレスに送り、そしてその購入したBTCを、今度はタイの取引所でTHB建てで売却する、という流れでTHBを同国銀行に引き出す方法が考えられます。

下記はタイで一番大きい取引所でETHやLTC、DOGを扱っている取扱所(取引所)です。

Bitcoin / Buy, Sell, Exchange Bitcoins in Thailand
https://bitcoin.co.th/en/

※ETHはイーサリアムで上限発行枚数は未定(初期発行は7200万枚)承認目安時間が15秒のアルトコインの中で時価総額1位の仮想通貨です。
LTCはライトコインと行ってビットコインが金色であるのに対し、銀色のアイコンで表示されるものです。上限発行量は8400万枚で承認目安時間は2.5分。
ドージコイン(DOG)は発行枚数に上限の無いアイコンが柴犬の可愛らしいコインです。

モナーコインの半減期と最新情報について(2017年11月)

日本のインターネット掲示板・2ちゃんねるから生まれた日本初の仮想通貨・モナコイン。

このモナーコインは現在、送金などと同様に投資対象として使用されているようですが、ここ最近でも大きな話題となりましたね。

では一体どのような話題となったのかといいますと、モナコインをご存じない方のために簡単にご説明しておきますと、ここ最近でモナーコインが大きく高騰したのです。そして今やモナコインは時価総額で世界TOP30位に入るくらいに有名な暗号通貨となりました。

さすが純国産の仮想通貨ということもあり、また、時価総額がこれだけ高まってきていますので、これでは世界中の投資家の目にも嫌でも止まるようになりますので、今後はより買われやすくなっていくのではないでしょうか。

ちなみに2017年10月25日時点では時価総額ランキングで堂々の28位。
モナコイン(monacoin)モナーコインのチャートや相場から見ましても、今後も将来性があるのではないでしょうか。尚、モナコインの半減期は1,051,200ブロック毎であり、約3年に1度ということになります。次の半減期は2020年の7月頃です。

仮想通貨の今後の成長についての展望のイメージ画像

仮想通貨の今後の成長についての展望

最近ではビットコインへの投資や仮想通貨を使った投資が非常に盛り上がりを見せています。世界的に見ましても、ICO市場の急成長ぶりには驚かされるばかりで、もしかすると近い将来、本当に仮想通貨・ビットコインなどが中央銀行に代わり、次世代の決済として主流になるのではと思わせてくれます。アフィリエイトやネットビジネス、投資信託に投機…と、サラリーマンの副業の方法には様々なものがありますが、もしかすると仮想通貨(暗号通貨)への投資はこれらを遥かに超える規模になるのかもしれません。

仮想通貨ほど大きな可能性を持っているものは、おそらく現時点では上記の中には無いでしょう。そしてこれらのアルトコインは現在もまだ成長過程なのです。ですので仮想通貨投資の将来性・成長余地は、現時点では何とも言えませんが、これからもまだまだ伸びるでしょうし、仮想通貨への投資ブームは今年・2017年から本格的に流行りだしたと言えるでしょう。

そして今年、2017年で一気に複数のコインの価値が暴騰したように、来年である2018年も今年のように様々な新興仮想通貨が出て来るでしょうし、仮想通貨バブルといえるような激しい暴騰や高騰が起こるコインも出てくるでしょう。


スポンサードリンク







ですので、仮想通貨の今後の成長についての展望としましては、まだまだ成長の余地はありますし、これからが本番と言えるのではないでしょうか。また、2020年の東京オリンピックに向けて、これからは株式投資の世界から仮想通貨の投資に流れ込んでくる人も増えてくるのではないかと思われます。

最後になりますが、仮想通貨への投資は、最初は余剰資金で行うべきですし、ハイリスクハイリターンな側面もありますので、間違っても全財産を注ぎ込むというような買い方はせず、最初のうちはコツコツと余剰資金で購入することをお勧めします。

2018年も今年のように様々な新興仮想通貨が出て来るでしょうのイメージ画像

これから仮想通貨を購入しようと検討している方は、きっとおそらく儲けられる可能性があるから、そこに期待したいと思っていることでしょうが、儲けられる可能性がある反面、リスクを背負う覚悟も必要なわけでして、何事もリスクを背負わずしてリターンを得ることはできませんので、そうしたリスクを背負う覚悟ができている方にとっては、仮想通貨への投資はオススメです。

ちなみに管理人がいま注目している仮想通貨は下記の「asec coin(エーセックコイン)」です。

ASECコインの詳細はこちら>>
特設サイトはこちら>>>

世界各国に太いパイプを持ち、世界的な経営戦略とともにASECプロジェクトを推し進めているのがタイ王国で著名なDr.カセー氏、Dr.タパナ氏であり、今後はプレセールの販売圏を韓国、台湾、香港、ミャンマー、マレーシアへと広げる予定のあるASECコインのプロジェクト。

現在ビットコインが高値をどんどんと更新をしておりますが、ハードフォークやBTG(ビットコインゴールド)との関係、そして世界中のマイナー達が目を光らせている現状。この価格高騰の流れは、いましばらく続くのではないでしょうか。

そしてエーセックコインも近い将来、そう、来年のASECコインの市場公開後には、第二のbitcoinのように大変な高騰になればいいなと思います。兎にも角にも仮想通貨の投資。たったの千円から初めて大きな資産を築いた方や、4億円を仮想通貨で集めたベンチャーもいるのだそうで、これから上がる仮想通貨というものは本当にわかりませんが、来年2018年も期待せずにはいられません。


スポンサードリンク







こちらもお読みください【オススメの関連記事】

スポンサードリンク