この記事は5分ほどで読めます。

仮想通貨におけるインサイダー情報の種類

仮想通貨のインサイダー情報の画像

有価証券とみなされていない仮想通貨は、現状さまざまな類の情報が流れています。

取引に置いて現在一番の困りごとと言えば、仮想通貨界隈ではしばしば大金を持つ一人による大幅な価格変動もございますが、マウントゴックスの管財人による取引所でのビットコインの換金が全体の低迷を招いているのではないかと言われているのはよくご存知かと思います。

また、株取引に置いては厳罰化されているインサイダー取引ですが、暗号資産に置いてはまだ法律による取締はされておりません。そのため、現在仮想通貨界隈では先出し情報を巡って情報交換サイトやチャットでのやりとりも見受けられます。

そもそもどういったものがインサイダー取引に該当するのか

もし、仮想通貨のうち一部でも有価証券とみなされた場合、全ての仮想通貨でのインサイダーが不可になるかと言いますと、おそらく証券とみなされた仮想通貨にのみ内部からの情報が不可になると思われます。

4月にはイーサリアムとリップルは有価証券であるというアメリカの証券先物取引委員会元委員長の発言があり、現在は通貨発行側から反対意見が上がっています。
もしこの2つが証券とみなされた場合、仮想通貨取引所は証券を運用できる認可を受けていないので取引が出来なくなってしまうためと、他の国の取引所も後に続く可能性が高まってくるからでしょう。
また、イーサリアムベースで作られたトークンにも影響が出るかもしれません。

ちなみにインサイダー取引の要件は

会社関係者などや
第一情報受領者などの内部者が
上場会社などに関する
重要事実を知りながら
重要事実が公表される前に
株式の取引を行うこと

になります。

つまりは、とある通貨が大手の取引所に上場する、というような内容を公式のプレスやSNS等で告知される前に上場銘柄を知って事前に購入しておく、というようなことも仮想通貨が証券とされればインサイダー取引と言われるようになります。
しかし、こういった規制はいつか入るかもしれない、とは言いましても、現状では規制されていません。
ですので今のうちにできるだけ情報を集めて仕込んで置こうという方もおおいのではないでしょうか。

ではどういった方法で情報を仕入れるかと言いますと、有料ブログやメルマガ・各仮想通貨で行われているミートアップ(交流会)や勉強会での情報収集が主になるかと思われます。
特に勉強会ではその該当する仮想通貨やブロックチェーン技術に関して、より知識が深くなるだけでなく技術者や将来性を期待した投資家の人が訪れている可能性もあるので、行ってみて顔見知りを増やして行くのもいいと思います。

また有料メルマガをしている人が主催しているセミナー等でも、優良ICOや上場する仮想通貨を聞く可能性はあります。
テレグラムがプライベートセールのみでICOをしなかった例等を見ていただいてもわかりますが、他の仮想通貨でもICOの前に既に安価で販売しているケースは存在します。
こういったインターネット上では大々的に掲載されていないプライベートセールの情報を先に貰い購入しておくことで、上場後に何倍にも上がっている可能性を考えれるようになります。

どういった内容がインサイダーになるのだろう

AirDrop情報・ICO・価格変動に関係する仮想通貨ニュース等、インサイダー取引と言われそうなことは世の中に沢山ございます。

インサイダー取引には「これはインサイダーじゃないだろう」と思われるような内容のときでもそうなる可能性がありますので、例えばお店でうっかり耳に居れたり隣に座った人から入ってきた投資情報には触らないほうがいいでしょう。

他にも、こういった内容はインサイダーに該当するかもしれません。

もし、あなたが仮想通貨のインサイダー情報を知ることができるとしたら・・・

公開するような情報だとしたら、公開される前に取引を行うのもいけませんので、いつ情報公開かも確認しておきましょう。

AirDrop情報とは
AirDrop(エアドロップ)は何らかの方法によって無料で仮想通貨やトークンを手に入れる方法です。
貰える量は少額ですが、上場後に価格があがるかもしれない、と思うと楽しくなりますよね。
基本は通貨の運営媒体が知名度を上げるために行うことが多く、他に運営ではなく一部のファンがtwitterを介して仮想通貨を投げていることもあります。

現在は悪い情報も良い情報も錯綜している状態

昨年が仮想通貨元年と言われていたこともあり、本年度はICOが数多作られています。
そういった中には詐欺に近いようなICOもあり、そういった情報ほどYoutub等で煽られていることが多いです。
無料で手に入るような情報はどちらかと言いますと煽りと呼ばれる、自分の持っている仮想通貨の価値をあげて行こう、売りぬこうとしているような人がその通貨の特性や将来性をやや誇張気味に言っていることが多いです。
勿論中には誇張なく気に入った銘柄の情報を知ってほしいと思って動画や記事を書かれている方もいますので、自分から情報を取得して選んでいく力も必要になります。

自分で調べるくせや、優良の情報を手に入れれる環境を作って、是非仮想通貨界における勝ち組になっていただきたいです。

当ブログが現在推しているコインはこちら!

*ASECコイン詳細資料

 


スポンサードリンク







スポンサードリンク