この記事は6分ほどで読めます。

エーセックコインの注文方法・購入方法について

ASECプロジェクトとは

エーセックコインは別名、ASECプロジェクトとも呼ばれていまして、東南アジアの貧困問題の救済とタイの巨大な都市開発計画、すなわちASEAN・東南アジア諸国連合の経済の発展のために新たに開発された新興コインです。

ちなみにASEAN・東南アジア諸国連合にはタイ,インドネシア,シンガポール,フィリピン ,マレーシアの5か国が原加盟国です。

エーセックコインの発行元であり、運営組織でもあるのが「エーセックフロンティア(ASEC FRONTIER.inc)」という組織であり、取引所の設立や取扱店舗との契約、ASECコインの流通を開拓するなど、ASECcoinを普及させる目的で運営が成されています。

ASECプロジェクトの最重要人物について

ご存知の方もすでにいらっしゃるでしょうが、エーセックプロジェクトの最重要人物はエーセック・フロンティア(ASEC FRONTIER.inc)の最高顧問のDr.カセー(カセー・チャナオン)氏です。

Dr.カセー氏はASECプロジェクトの中心人物であり、主役でもあるとされています。
尚、カセー氏は世界19カ国が加盟するADPCの創設者でもあり会長でもあります。

そのカセー氏が切望しているのが東南アジア圏の貧困の解決であり、そのために開発されたのが「ASECコイン」というわけです。

<PR>エーセックコインの注文・購入なら下記をクリック

新聞広告・タイ政府の元大臣が仕掛ける暗号通貨が遂に始動!

 

仮想通貨で投資をする前にASECコインの目的を知ろう

エーセックコインにはエーセックプロジェクトという大きな計画が含まれています。
すなわちDr.カセー氏が切望する「東南アジアの貧困地区に住む人達」に仮想通貨を流通させ、通貨を使用できる環境を整備すること。

そして貧困の救済とともに「タイ国の大規模な都市開発計画」という大きなプロジェクトが絡んでいるということ。

つまり、asecコインを購入するということは、ただ単に投機目的で通貨を購入するというだけではなく、東南アジアの貧困に苦しむ方たちへの救済にもなりますし、貧困の救済に貢献するだけじゃなく、現在「未公開のコイン=プレセール・クラウドセール中」の仮想通貨コインを圧倒的な底値で購入し、プレセール後、すなわち公開後には高値で売りぬくことができるということです。

昨今の仮想通貨の高騰・急騰の理由には様々な要因が含まれていますが、みなさん記憶に新しいビットコインの高騰・急騰のように、第二のビットコイン長者、仮想通貨による億万長者を狙うべく、新興コインのエーセックコインは密かな注目を集めているのです。


スポンサードリンク







asecコインは大丈夫?

国内ではまだまだ大々的にエーセックコインを買いました!とかこれから購入します!などといった情報がほとんど出回っていませんが、それもそのはず、asecコインはまだまだ未公開コインですのでプレセール・クラウドセール中です。

プレセール・クラウドセールとは何か?ということですが、仮想通貨のプレセールはIPO(株式の上場)になぞらえてICOと呼ばれていまして、これはいわば上場前の状態です。取引所に上場しますと、一般の方でも広く売買ができるようになりますが、プレセールの多くはクラウド ファンディングを通じて行われますので、現在はまだ未公開の状態で、ゆっくり選べて特別優待で買える期間のようなもの、と思って頂ければ結構です。

バーゲンなどでお店に並ぶ前に特定のお客様に、お店からプレセールのご案内のはがきが届いたりしますよね。あれと似たようなものだと考えていただくとわかりやすいでしょう。

asecコインは東南アジアの貧困救済を目的としていますので、エーセックコインのプレセール販売・購入による収益はタイの大規模な都市開発計画の資金として活用されます。また、開発都市内での取り扱い通貨ですし、市場の公開後には「ASECコイン」の価値が高まることが当然予想されます。

それはなぜかといいますと、巨大都市開発計画により流通量が劇的に増えることが予想されているからです。

参考までにご説明しておきますと、タイのこの巨大都市開発計画は、通称「タイ・ダイヤモンド・シティ計画(Thai Diamond City)」という都市開発事業として認知され、タイでは国内の都市開発事業が現在、盛んになっていることと、タイ・ダイヤモンド・ シティーは計画をじっくり立てて実行されていますから、これならきっと成功を達する可能性が高そうだろう、とも言われていますので、これらの要素から判断しましても、巨大都市開発計画により流通量が劇的に増えるだろうということは容易に予想できます。

<PR>エーセックコインの注文・購入なら下記をクリック!

 

タイ・ダイヤモンド・シティ計画とは

海外旅行をよくされている方や、アジア圏に詳しい方ならすでにご存知かもしれませんが、近年タイでは観光産業が栄えていまして、その中でも「タイ・ダイヤモンド・シティ計画(Thai Diamond City)」に注目が集まっています。

タイ・ダイヤモンド・シティ計画はちょうど数年前から開発中の計画でして、ケーンクラチャン国立公園の麓で開発が行われています。

ケーンクラチャン国立公園のふもとには高級住宅街やショッピングセンター、貿易センターやスポーツ観戦のためのスタジアム、ゴルフ場に空港までが開発される予定だそうです。 他にも宿泊施設の5つ星ホテルや大学、展覧会などの施設など、様々な施設が準備されているのだそうです。 その広さは驚くべきことに日本における東京ドームの千個分にも匹敵するのだとか!

ちょうどユーチューブに完成イメージの動画が上がっていましたので、以下の動画をご覧になられるとよろしいでしょう。

完成イメージの動画
แก่งกระจาน Thai Diamond City Phetchaburi THAILAND
https://www.youtube.com/watch?v=szf3grsf3c4

タイ・ダイヤモンド・シティの公式ホームページ
⇒ http://www.thaidiamondcity.com/thaidiamondcity/

上記の公式ホームページにも書かれていますが、「タイ・ダイヤモンド・シティー」のプロジェクトはタイの観光促進のために行われているものでして、タイ工業団地公社の支持と政府の支援を得た上でタイ・ダイヤモンド・シティー計画が行われているのだそうです。

上記の開発事業で主にASECコインの使用が確定しているそうで、開発に必要な資材や人件費、物流などあらゆる場面でエーセックコインが使用されることが予想されます。

上述の大規模な都市開発計画は、数年前から開発が実際に実行されていて、総工費も数兆円から数十兆円クラスの規模となりますので、エーセックコインもこれから数年間は劇的に流通量が増すと同時に仮想通貨の価値も爆発的に高まるのではないかと予想されているのです。

昨今の仮想通貨・ビットコインの高騰・急騰のときもそうでしたが、こういった先行利益・先行投資と巨大都市開発といった大変大きな都市開発事業がエーセックコインの価値を急激に高騰・急騰させ、いつしか仮想通貨長者を生み出す市場原理ともなる、と予想されるわけです。

<PR>エーセックコインの注文・購入なら下記をクリック!

 


スポンサードリンク







こちらもお読みください【オススメの関連記事】

スポンサードリンク