この記事は7分ほどで読めます。

海外で購入する仮想通貨や、日本の取引所につきまして

海外で購入する仮想通貨や、日本の取引所につきましての画像

アルトコインRipple(リップル)の弟分・仮想通貨のStellar(ステラ)について

皆さんはStellar(ステラ)という仮想通貨についてはご存知でしょうか。
国際送金に強みをもたせて開発されたRipple(リップル)を元に開発された仮想通貨であり、法人利用を目的とするリップルとは異なり、個人利用・少額決済での利用を目的とされています。
決済で利用されるのを見越している為、初期の発行量は1,000億枚とリップルよりも多く、また発行数は年に1%ずつ増えていく為、価格の変動は起きにくくなっています。
投機としての価値は少ないですが、ステラの狙いである個人決済としての利用を考えれば価格変動が少ないのは利点になります。

このステラや、以前ご紹介いたしましたセーブドロイドのように、ビットコイン以降の暗号通貨には、何かの実験のためや、決済通貨として、あるいはシステムの基盤になるため等、金銭的価値以外に何かの利用目的がございます。
日本の取引所に上場されている仮想通貨にも、それぞれ目的を持っているものがございますが、今回はそんな仮想通貨を購入するのに必須な取引所・販売所についていくつか取り上げたいと思います。

仮想通貨における日本の取引所

仮想通貨は現在1000種類以上が存在しているといわれ、全てを取り扱っている取引所は存在しません。
ステラが気になった方はBinanceやBittrexといった海外の取引所を利用することになりますが、購入するには日本の取引所でビットコインやイーサリアムといった、ステラと交換できる仮想通貨を手に入れて、送金する必要があります。

日本の取引所での登録には本人確認書類が必須になりますが、それ以外は日本語の為比較的容易に登録する事が出来ますし、トラブルが発生してもすぐにサポートやQ&Aを確認出来ます。

初めてこういった取引を行う方にお薦めなのはビットフライヤーになります。スマートフォンアプリが使いやすい事と、ビットコインのかんたん取引ができる事が利点ですが、その他のアルトコインは、購入・売却の際に、表示価格よりも差のある金額で売買する必要があるのが欠点です。

各取引所それぞれ、利点と欠点がありますが、今後の各取引所の改善により変わる可能性もございます。

有名取引所bitFlyer(ビットフライヤー)

大手企業の出資があり、資本力も高い、現在日本の取引所での取引量No.1の企業です。
流通があるということは取引成立がしやすいということで取引所にとって取引量は重要で、高いセキュリティとともにbitFlyerが評価されている点でもあります。

またその他にも先物取引・FXも可能になっており、1月末にLISK(リスク)を取り扱うようになって通貨も7種類といます。

bitFlyerの利点
・高い取引量
・コールドウォレット・マルチシグ対応の高いセキュリティ
・PCでの取引画面・アプリが見やすく簡単に取扱いが出来る。

bitFlyerの改善点
・購入手数料の高さ
・販売所でのスプレッド差

ビットコイン
簡単取引所/Lightning現物 0.01% ~ 0.15%(売買額が上がるにつれ手数料が下がります)
販売所/Lightning FX/Futures 無料
アルトコイン
Lightning現物 0.20%
販売所 無料

・LightningはbitFlyerの中級者~上級者用取引画面で、先物やFX(現物)の取引が出来ます。
簡単取引所よりも売買の流れが早いので、初心者や今まで株取引を行ったことがない人は簡単取引所や販売所を利用したほうがいいかもしれません。

●送付手数料●

ビットコイン 0.0004 BTC
イーサリアム 0.005 ETH
イーサリアムクラシック 0.005 ETC
ライトコイン 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ 0.0002 BCH
モナコイン 無料
リスク 0.1 LSK

購入金額や売却額と平均額との差をスプレッドと言いますが、このスプレッド差が大きいのが販売所になります。
取引所では自分で取引額を決めて売買出来るためこのスプレッドはなくなりますが、そのかわりに取引手数料がかかる、というふうに覚えておくといいかもしれません。
※販売所の手数料は今後変更される可能あり

登録はこちら⇩から

※報道にも出ておりますが、6月22日(金)にビットフライヤーにて新規顧客様の受け入れを当面停止する方針となりましたため、上記バナーをクリックされましてもbitFlyerは飛びません。代わりに下記のページを御覧ください。
最近でアクセスが最も多かった記事⏩asecコインは詐欺かどうか!?ここ最近のエーセックコインの評判について

FXに長けたGMOコイン

元々FXや株式の取引会社である為、開発されたアプリもFX取引においてかなり見やすいアプリにあります。
また取引手数料が0%になるため、折を見てビットフライヤーからこちらに乗り換える方も少なくありません。
しかしGMOコインは取引所でなく、販売所であるため売買価格は割高になります。

GMOコインの利点
・販売所であるため、瞬時に取引が成立する。
・東証一部上場のグループが運営しているという安心感
・FX用アプリの使いやすさ

GMOコインの改善点
・取扱い通貨が少ない
・FX用アプリではアルトコインが対応されていない。

●手数料(未記載は無料)●

入出金手数料料 銀行からの振込手数料・仮想通貨のマイナーに支払う手数料のみ客負担
仮想通貨FX レバレッジ手数料: 建玉ごとに0.05%/日

アルトコインは、PCブラウザからですと現物取引が可能になっています。
現在はビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・リップル・ビットコインキャッシュの全5種ですが、今後増やしていくとのことですので、それに伴いレバレッジ取引可能な通貨が増えるかもしれません。

⇩今ならプレゼントキャンペーン中ですよ。

海外発の取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)

元々はシンガポールにあった取引所Quoineが日本の取引所として開業したのがQUOINEXになります。
海外ベースの取引所のため、取引画面やスマホアプリは少し使いにくい印象がありますが、通貨ペアが豊富な点や1度の発注を大量に行える利点などもあります。

QUOINEXの利点
・通貨ペアが豊富(現在53種類)
・スプレッドの小ささ
・全ての通貨がコールドウォレット保管になっている。マルチシグもBTC, BCHが対応済みで安全性が高い。
・クイック入金対応機関が約380と豊富

QUOINEXの改善点
・他取引所と比べて取引画面が使いづらい
(アプリはスワイプを利用するのが慣れていない人には使いづらい感じるのかも)
・入出金に他取引所に比べて時間がかかる

QUOINEXは現在ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアム・QUOINEX発行のトークン、キャッシュ・リップルを取り扱っている他、ネム・イーサリアムクラシック・ライトコインを含めた計9つの仮想通貨を追加予定としています。
元々は2月中までにネム他3通貨を追加予定でしたが、coincheckの事件により延期となりました。

●手数料等●

取引手数料 BTC/JPY取引は無料/それ以外は約定金額の
0.25%
ポジション 差金決済のみ0.05% / 日

上記の他にも、Zaif(ザイフ)やビットバンクなどの取引所が存在しています。

日本だけでなく海外で取引出来るようになる必要性

日本での通貨の少なさから、海外取引所を利用する使用者も増えてきています。
これは日本の取引所に上場するには金融庁の認可が必要になるためでもありますが、海外ではICO直後の仮想通貨も上場しやすいためと伝えられています。

解りやすいのが最近だとNOAHコインになると思われます。あれはプレセール時には元々上場も怪しまれていた通貨ですが、先日13日にhitbtc取引所に上場いたしました。

同じようにASECコインも現在はプレセールのみになっていますが、2018年末には取引所に上場する予定としています。
Asecコインはカセー・チャナオンという公的な人物を中心としたプロジェクトになり、昨年は複数の学校の理事も兼任するようになった程の教育者でもあります。
現在はどこの取引所かの情報も出ておりませんので、12月の上場の際には海外の取引所に上場するのかもしれません。しかし日本円にするには必ず日本の取引所で換金する必要がありますので、今のうちに登録だけしておくのもいいかもしれませんよ。

*ASECコイン詳細資料

 


スポンサードリンク







こちらもお読みください【オススメの関連記事】