この記事は3分ほどで読めます。

ASECプロジェクトの発足秘話お教えします。

ASECプロジェクトの発足秘話お教えします。のイメージ画像

以前ご紹介したASECコインを
覚えていらっしゃいますでしょうか?

怪しい案件がはびこる仮想通貨市場で、
稀にみる運営元がはっきりとした新興コインです。

ASECコインの詳細を確認する

*ASECコイン詳細資料

 

ASECプロジェクトの発足秘話

本日はASECプロジェクトの発足秘話を
入手しましたので、共有いたします。

ASECプロジェクトの最高顧問である
Dr.カセーは、とある食事会で
金融関係に精通している方々と同席しました。

その際、たまたま目の前に座った方から
フィンテックに関するお話があったそうです。

「流行やブーム、トレンドではなく
 世界がテクノロジー化している」

「フィンテック、暗号通貨、ブロックチェーンが
 これからの世界でスタンダードとなる」

ASECフロンティアは東南アジアのフィンテック化を進める /M-PESA(エムペサ)

併せて、M-PESA(エムペサ)という
モバイル送金・決済サービスが爆発的に
普及している事実を伺ったそうです。

Dr.カセーはその時代の変化を
東南アジアでも取り入れることによって
自国や近隣諸国の経済活性化につながると確信したそうです。

ASECフロンティアは東南アジアのフィンテック化を進める /M-PESA(エムペサ)のイメージ画像

その後、Dr.カセーは自国へ戻り、
経済の活性化や便利な金融サービスを
普及させることによって、貧困問題の解消や
国民の生活水準向上が実現できるのだと
身の回りの有識者たちに説明したそうです。

すると、その思いに共感した
賛同者たちが集まり出し、
現在のプロジェクトチームが発足したのです。

ASECフロンティアは、東南アジアの
フィンテック化を進めることにより
タイや近隣諸国の大企業へコンサルティングを仕掛け
収益を得ることができます。

ASECプロジェクトの事業とフィンテック事業

ASECプロジェクトの事業と、
このコンサルティングの収益を
奨学金制度に充てることにより
根本的な貧困問題の解消を目指します。

貧困救済を目的として掲げるとなると
その根本的な原因である
教育格差を解消する必要があります。

そのためには、奨学金制度が必要です。

奨学金制度の資金源を賄うには
ビジネスにより、より多くのお金集める必要があるのです。

ASECフロンティアは東南アジアの フィンテック化を進めるのイメージ画像

では、どうやってお金を集めるのか…?

今であれば間違いなくフィンテック事業です。

ゴールドラッシュのスコップ業者や
インターネット創世記のマイクロソフト社を
例に見ても、ビジネスを成功させるには
いつの時代も時流に乗ることが、手っ取り早いです。

時流に沿わないビジネスを行うことは
川の流れに逆らって泳いでいるのと同じです。

いくら泳ぎが速い人でも、なかなか前には進みませんよね?

ASECフロンティアはこの時流を乗りこなすために
すでに準備が進んでいるそうです。

この事業で得た収益の一部を、
Dr.カセーの財団へと寄付することにより、
奨学金制度の施行という目的が達成されます。

Dr.カセーは人生最大の悲願を達成すべくASECプロジェクトの最高顧問に就任

御年83歳のDr.カセーは人生最大の悲願を達成すべく
ASECプロジェクトの最高顧問に就任しました。

彼の生い立ちや慈善の思いに触れると
プロジェクトチーム同様、
わたしも心を揺さぶられました。

ぜひ、Dr.カセーのこれまでの経歴を
以下の資料よりご覧ください。

ASECコインの詳細を確認する

*ASECコイン詳細資料

 

次回は、ASECコインに関する記事をお送りする際は
事業戦略のキーマンである
ASECフロンティアのCEOについて解説いたします。

こちらもお読みください【オススメの関連記事】

スポンサードリンク