この記事は9分ほどで読めます。

ASECの最新情報と仮想通貨のコインの販売事業者について

ASECコイン(エーセックコイン)に関する最新情報のイメージ画像

今回の記事では、ASECコイン(エーセックコイン)に関する最新情報と、仮想通貨のマイニングやAI、暗号通貨のウォレットといった、初心者の方には馴染みが薄い、いわゆるカタカナ用語も交えて簡単にご説明します。

asecコインを取り巻く情勢は、日々変化しているといっても過言ではないかもしれませんので、本稿をお読みになりつつ、仮想通貨関連の最新情報をご覧になって下さい。

それではまずは、asecコインの新情報からです。

ASECコイン(エーセックコイン)に関する最新情報

まず、直近の当ブログの記事をご覧になられていない方のためにご紹介します。

ASECコインの価格は変動制であり、販売価格は毎月1日に更新されます。

そして現在のASECコインはプレセール期間であり、ASECのプレセールは1ASEC=10セントからスタートされました。

ASEC COINの販売価格推移の画像イメージ

以下はASEC COINの販売価格推移です。

▼エーセックコインの価格変更推移

2017-10-01
1ASEC=26セント(2017年10月1日にASECコインが価格変更)

2017-09-01
1ASEC=25セント(2017年9月1日にASECコインが価格変更)

2017-08-01
1ASEC=22セント(2017年8月1日にASECコインが価格変更)

2017-07-01
1ASEC=21セント(2017年7月1日にASECコインが価格変更)

2017-06-01
1ASEC=20セント(2017年6月1日にASECコインが価格変更)

2017-05-01
1ASEC=15セント(2017年5月1日にASECコインが価格変更)

2017-04-01
1ASEC=14セント(2017年4月1日にASECコインが価格変更)

2017-03-01
1ASEC=13セント(2017年3月1日にASECコインが価格変更)

2017-02-01
1ASEC=12セント(2017年2月1日にASECコインが価格変更)

2017-01-01
1ASEC=11セント(2017年1月1日にASECコインが価格変更)

上記のように、今年の1月1日には1エーセックで11セントだったのですが、現在、8月10日の時点では1エーセック=22セントとなっています。

エーセックコインは価格変動制ですから、毎月1日には販売価格が更新されます。
果たして来月、9月1日にはコインの価格はどうなっているのでしょうか?

下記の資料によりますと、市場公開までに1ASEC=1ドルへと段階的に上昇予定なのだそうです。

※ASECCOINの購入方法の確認やASECコインのプレセール概要(予約販売)など
ASECコインの詳細はこちら>>

ASECコインはコインの販売量に応じて、毎月1日に価格が変更されるようです。
販売期間は市場公開迄で、2018年10月~12月頃を予定。

購入条件は1口10万円から購入可能で、購入枚数は購入月の価格で枚数を算出されます。



仮想通貨のマイニング(採掘)

これから仮想通貨の投資を始めようと言う方には、あまり馴染みがないと思いますが、仮想通貨にはマイニングという用語があります。

これは直訳すると(採掘)という意味になりまして、これは一見すると「稼げそうなあまり知られていないお宝を掘り当てる」といった風に捉えられがちですが、

実際はそうではなく、仮想通貨の発行や取引に伴う暗号化システムの「取引履歴」をシステム的に記録する、といった意味なのだそうです。

仮想通貨のマイニング(採掘)の画像イメージ

ですから「仮想通貨のマイニング(採掘)をする」もしくは「仮想通貨のマイニング(採掘)に参加する」というと、この「取引履歴」の記録システムに参加して、マイニング作業を手伝うことで、「報酬」を手に入れる、といった意味なのだそうです。

例えばビットコインの場合ですと、ビットコインの総発行数が2,100万BTCであるのに対し、2017年8月現在ではおおよそ1,600万BTC程度だと言われています。

では約500万ビットコインの行方は?
ということですが、それがビットコインの採掘(マイニング)だと言われているのです。

ビットコインのマイニング(採掘)に貢献してくれた方への報酬として、コインが発行されたというわけです。

今や仮想通貨は、国が法律を変えてまで対応するぐらいになって来ていますから、考えようによっては本当に熱いですよね!

仮想通貨とAI(人工知能)投信について

投信とは投資信託の略語ですが、最近ではAI、つまり人工知能を使った個人向け投資 サービスなどが密かな人気のようです。

昨今のビットコインで仮想通貨や投資の世界に興味を持たれる方も増えてきているようですが、ここに来て新しい技術が開発され、そして実用段階に入りつつあるようです。

その新技術は金融とIT(情報技術)を組み合わせた「フィンテック」というものでして、今後はAI投資というものが注目を集めそうです。

現在では既に仮想通貨のAIトレーディングなるものまで始まっていますので、このまま行けば、AI運用は近い将来、当たり前になっているのかもしれませんね。

暗号通貨のウォレットとは

仮想通貨こと暗号通貨を運用したり、取り扱ったりするためには、専用のアプリやウォレットが必要になります。

そして暗号通貨におけるウォレットとは、これはすなわちビットコイン(bitcoin)などの仮想通貨を保管するための財布(ウォレット)のことを意味します。

暗号通貨のウォレットとは、銀行でいうところの銀行口座に相当します。

ASEC COINの販売事業者について

エーセックコインの販売事業者ですが、2017年の8月1日より国内におけるコインの販売・運営を一括で管理する会社が設立されました。

その会社は
「株式会社ASEC PROJECT PARTNERS」といいます。

日本国内のASEC COINの総代理店として、販売活動を行っている会社です。

この会社はタイのASEC FRONTIER LIMITEDと正式に事業契約を結んでいて、会社の所在地も福岡県にあり、今後は各プロモーションも積極的に行っていくのだそうです。

お金が増え続ける仕組み

いまやインターネットでお金を動かしたり、お金を稼いだりすることが当たり前になりつつあると思います。

例えば投資ですが、勉強をせず、何も知らなければ、ただ反射的に恐れるだけのものが、勉強をすることでリスクを回避したり低減したりすることが可能になる場合もあります。

不動産投資なんかもそうですし、そんなに高望みをしなければ、年利が10%程度のものなら国の保証付きの投資案件も探せばあったりもします。

何事もそうですが、資産の増やし方や、増やす方法というものは、何もしなければ何も起こりません。
投資先もそうですし、稼ぐ手段もきっちりと分散していかなければなりません。

キャッシュフローができるまでは、しっかりと稼ぎの柱を構築し、そして稼ぎ柱を分散させながらコツコツと積み上げていかなければなりません。

では「お金が増え続ける仕組み」として、何をどうすればいいでしょうか?

不動産なんかは王道ですし、アフィリエイトなどもそうですね。
元手がほとんど要らず、ある意味元手ゼロでリスクもほぼゼロです。

そして軌道に乗れば、資産を増やす仕組みが出来上がり、あとはほったらかしていてもお金を増やしてくれるのです。

他にはFXやシステムトレード、海外積立や転売、せどりなんかもそうですよね。

今やネットを使って稼ぐ方法というものは、普段意識しないだけで探せばいろいろとあるのです!


スポンサードリンク







まとめ

これから仮想通貨の投資を始めてみようとお考えの方は、おそらく昨今のビットコインの爆発的な高騰に惹かれてのことだと思います。

確かにビットコインは現在の仮想通貨ブームの火付け役的な存在です。

ですがそんなビットコインですが、2009年に誕生したということは知られていても、ビットコインの取引が始まった開始当時は、ほとんど価値が無く、1BTC=0.07円程(1ビットコインが0.007円)程度の価値しかなかった、といっても現在の価格から知った方は、きっと信じられないだろうと思います。

※2017年8月10日のビットコインの価格はだいたい37万円前後です

現在のビットコインは1BTC=約37万円

つまり、2009年当時には1BTC=0.07円程度だったものが、2017年8月には1BTC=37万円前後の価値があり、さらには世界中で決済手段としてのみならず、資産の送金手段や投資対象としても大変注目を集めるまでになっているのです。

これはビットコインの投資でよく言われる話ですが、当初のビットコインを利用した商取引が、たった2枚のピザでして、2枚のピザを1万BTCと交換したことが始まりだったのだそうです。

編集後記:たった2枚のピザが時価総額で約38億円にも化けた!?

世界初のビットコインの決済はピザ。
2010年5月22日に2枚のピザ(25ドル)と10000BTCが交換されたのでした。

今では考えられないような話ですが、これはいうなれば、今の価値に換算しますと、たった2枚のピザが1万枚のビットコイン、つまり時価総額で約38億円にも化けたということでして、普通では考えられないような世界ですが、

これが仮想通貨という投資の世界のことであり、全く先が読めないけれども、
もしかすると人生を変えるぐらいの大きなビッグチャンスとインパクトがあるかもしれない。ということなのです。

現在のビットコインは1BTC=約37万円の画像イメージ

いまや世界は、仮想通貨の普及に向けて動き出していると言っても過言ではないと思います。

1995年に発売されたWindows95により、インターネットが爆発的に普及したように、この先、何が起こるか本当にわかりません。

そして現在、今年は仮想通貨バブルの元年と言われています。

もしかすると近い将来、asecコインは、100倍以上の価値高騰が期待できるようになるかもしれませんね。

※冒頭でも書きましたが、ASECフロンティア(asec frontier)から発表された今月のエーセックコインの販売価格は「1ASEC=20セント」です。
※注意:2017年10月1日時点では1ASEC=26セントにまで上がりました。

ビットコインなど、既に広く知れ渡り、価値あるコインとして浸透しているコインをこれから新たに保有しても、なかなか大きな利幅が期待できないのが現状です。

あなたがもしも仮想通貨で億万長者を目指すのならば、100倍以上の高騰が期待できるコインでなければなりません。それも、少しでも早く、誰よりもすぐに手に入れなければなりません。

仮想通貨の投資でも何でもそうですが、インターネットでビジネスを仕掛ける以上、早ければ早い段階であるに越したことがありません。

※ASECコインの詳細や購入方法の詳細は、下記リンクからどうぞ。

ASEC COINはもしかすると、次世代を担う暗号通貨になるかもしれません。


スポンサードリンク







こちらもお読みください【オススメの関連記事】

スポンサードリンク