この記事は3分ほどで読めます。

保有する仮想通貨とマイニングで得る仮想通貨

以前の記事(ASECの最新情報と仮想通貨のコインの販売事業者について)にてマイニングについて書き、
その際にマイニングに貢献した方への報酬として、コインが発行されると記載しました。

ではこれの収入はいくらくらいになるのか、マイニングなら取引で得るよりも多く利益がでるかもしれない、と考えている方に書かせていただきます。

現在のマイニングでの利益は少ない?

現在行われているマイニングには、自分のパソコンを使って一人ないし複数人と一緒にマイニングをする方法と、クラウドマイニングという、お金を払って他人にマイニングをしてもらう方法があります。

やり方については長くなりますので今回深くは言及いたしませんが、 例えば自分のパソコンで
マイニングをする場合、相当のPCスペックと電気代が必要とされます。

クラウドマイニングにしても、価格が高くなりますので利益をになるまで相当の時間がかかります。
これがあまり知名度のないマイナーコインの場合、採掘量は多いですが、 単価が低いものも多いので、
ウォレットに入れて単価が上がるのを待つ必要が出てきます。

知名度のあるビットコインなどは価値がある分、人気もあるためマイニングが難しく、
またマイニングするPCに対するコストパフォーマンスが悪い為、利益を得られるのは難しいかと思います。

今からの投資でも十分間に合うかもしれない?

チャート

マイニングでも利益を得る可能性は高いですが、投資による収入も相当のものを得ることができます。

世界有数の経済誌にも名前が掲載されたことのある、
元ヘッジファンド運用者マイケル・ノボグラッツ氏は仮想通貨の初期投資家の一人とされ、
ビットコインがまだ1BTCあたり50ドル前後の時に購入したと言われています。
現在は純資産の10%を仮想通貨で保有していると述べたと言われており、この一言で仮想通貨市場が動いたと言われています。

また投資の際は、ごく一部に絞るのではなく、長期的な視野を持った仮想通貨や明確なプランのあるものを選んで仮想通貨に投資した方が良いとも伝えています。

結局どちらがいいの?

マイニングでの利益を集めるか、投資を行うかでの利益はどちらも一長一短といえます。
既に高スペックのPCを揃える環境があればマイニングも良いかもしれませんが、
そもそも日本では電気代がかさむ為マイニングに向いていません。
下手をすると初期投資と電気代で破産してしまう可能性もあります。

そういう意味では、投資の方がいいかもしれませんが、こちらもうっかり信用取引で購入したものの
価格が下がった場合、マイナスどころの話ではなくなる可能性も出てきます。
ですので、一概にどちらが儲かるとはいえない状況です。

プレセール中の仮想通貨を調べてみても

ASECコインについての画像

同じようにプレセール期間中やICOの仮想通貨もリスクのある投資ではあります。
しかし上場前ですので、当然値上がりした時の価値も相当なものになります。
ASEC コインは現在 1ASEC=22セントですが、 取引所オープン時には 1ASEC=1ドル になると言われています。

ASECコインは東南アジアの貧困救済を目的に開発された仮想通貨であり、
タイ国内の事業コストを削減する通貨としての流通が予定されています。

最近ではビットコイン等市場に出ている仮想通貨の価格上昇が続いています。
投資の波に乗るか、マイニングで地道にコインを探すか、
プレセール中の仮想通貨で一気に逆転を狙うかは、全ては貴方次第になります。

*ASECコイン詳細資料

こちらもお読みください【オススメの関連記事】

スポンサードリンク