この記事は3分ほどで読めます。

ASEAN諸国のフィンテック化を目指す新たなプロジェクトとは?

ASEC FRONTIER-thailandのイメージ画像

タイのASEC FRONTIERという会社が仕掛ける、タイを中心に新たにスタートしたプロジェクトとは

あなたはASECプロジェクトという
タイを中心に新たにスタートしたプロジェクトをご存知でしょうか?

タイのASEC FRONTIERという会社が仕掛けている
プロジェクトなのですが、投資家の間でかなり話題になっているようです。

東南アジアでのフィンテックの普及を目的として立ち上げられたのがASECプロジェクトです

ASEC Project - Aim for FinTech in Southeast Asia.のイメージ画像

ASECプロジェクトは東南アジアでのフィンテックの
普及を目的として立ち上げられたプロジェクトであり、
既にタイ、ベトナム、バヌアツなどで実際に
プロジェクトが動き始めています。

ではなぜ、日本でもなくアメリカでもなく
東南アジアなのでしょうか?

実は今、アフリカ諸国でフィンテックの普及がかなり
進んでおり、金融インフラが革新的に進歩しています。

アフリカなどの発展途上国では多くの人が
銀行口座などを持つことができず、とても不便を強いられてきました。

アフリカ諸国では金融インフラが革新的に進歩!「エムペサ」というフィンテック技術が導入されています。

しかし、アフリカでは「エムペサ」というフィンテック技術が導入され、
スマホさえあれば銀行などを介さずに誰でも送金やお金の受取り、
そして支払いまでもができるようになったのです。

そのような金融インフラの改革を行うことで、
経済の発展、はたまた国単位での発展につながります。

ASEC project-Africa-FinTechのイメージ画像

ASECプロジェクトでもアフリカ同様、
東南アジア一体のフィンテック化を目指しています。

東南アジア全体にフィンテックを普及させる事で、
貧困などの問題をいち早く解決することができます。

有識者の間では今後、世界中にフィンテック化の波が押し寄せ紙幣はほとんど使われなくなるとの予想が!

今後、世界中にフィンテック化の波が押し寄せ
紙幣などはほとんど使われなくなると有識者の間では予想されています。

つまり、まだフィンテック化が普及していない
今のうちに東南アジア全体のフィンテック化に成功すれば、

ASECプロジェクトをモデルケースとしたフィンテック化が世界中に広める事が可能になり
世界中で起こるフィンテック化の先駆者になることができるのです。

そのASECプロジェクトで使用される
仮想通貨が新たに発行され、現在プレセールを行っています。

*ASECコインの詳細を確認する
ASECコインの詳細はこちら>>

*ASECコイン詳細資料

 

ASECコインの価格は今後爆発的に上昇!そこに大きな投資のチャンスがある!

ASECプロジェクトをモデルケースとした
フィンテック化を推し進める事ができれば、
ASECコインを派生させたトークンなども
次々と発行されます。

そうなると、当然ですがASECコインの
価格は爆発的に上昇します。

ここに大きな投資のチャンスがあると
わたしは見ています。

もしASECプロジェクト、もしくはASECコインに
ご興味がある場合は以下の資料に詳しい内容が
記載されていますので、一度目を通してみると良いかもしれません。

*ASECコインの詳細を確認する
ASECコインの詳細はこちら>>

*ASECコイン詳細資料

 

こちらもお読みください【オススメの関連記事】

スポンサードリンク