この記事は3分ほどで読めます。

多大なる影響力を持つ、ASECフロンティアのCEOとは?

多大なる影響力を持つ、ASECフロンティアのCEOとは?のイメージ画像

本日は、これまで何度かご紹介いたしました、
ASECコインに関して、さらなる情報提供として
価値高騰の鍵を握る、重要人物をご紹介いたします。

ASECフロンティアのCEOを務めるのは、Prof.Dr.タパナ・ブンラー

ASECコインの運営元である、
ASECフロンティアのCEOを務めるのは、
Prof.Dr.タパナ・ブンラーです。

ASECフロンティアの最高顧問である
Dr.カセーが医者、政治家、教育者であるのに対し
Dr.タパナはタイの名だたる実業家です。

彼の輝かしい経歴すべてをお伝えしたいところですが
本日は、より理解しやすいように
いくつかピックアップしてご紹介いたします。

BQグループとは、タイ国内の石油事業を牽引する大手企業であり、国の中核を担う大企業です。

ASECフロンティアのCEOを務めるのはDr.タパナ・ブンラーのイメージ画像

まず、現在務めている
BQグループの執行役員についてです。

BQグループとは、タイ国内の
石油事業を牽引する大手企業であり、
日本でいう丸紅のような
国の中核を担う大企業です。

最高幹部の中には、タイの陸・海・空軍の
トップや、中央銀行の頭取など、
そうそうたる面々が名を連ねており、
Dr.タパナも肩を並べております。

Dr.タパナのタイ経済界への影響力は計り知れません。

この時点で、Dr.タパナの
実業家としての実力は明瞭であり、
タイ経済界への影響力は計り知れません。

さらに、政界での影響力の強い立場にある、
政府委員会という組織にも所属しております。

タイは王国であり、王族は
政府よりも上の立場に位置しております。

その王族と政界をつなぐ役割を
果たすのが、政府委員会です。

王国である以上、王族が
国を動かす力を最も持っているわけですが、
実際に彼ら王族が直接手を下す事はなく、
政府委員会を通して政治体制を動かします。

上記2つの経歴をご紹介するだけでも
Dr.タパナの経歴の凄まじさは十分に
ご理解いただたことでしょう。

Dr.タパナの経歴の凄まじさ

しかしながら経歴の中で特筆すべきは…

タイ国内における暗号通貨の、
政策担当者に任命されているということです。

2017年6月14日、タイの中央銀行が
ブロックチェーン、暗号通貨、フィンテック技術を
どんどんと金融面に取り入れていくとの
公的見解を発表しました。

なんと、それを後押ししたのはDr.タパナです。

現在、着々とタイでブロックチェーンや暗号通貨を
使っていくための土台作りを始めているそうです

Dr.タパナがプロジェクトのCEOという立場に立っているのでプロジェクトの成功確率は非常に高い

タイでブロックチェーンや暗号通貨を使っていくための土台作りを始めているのイメージ画像

ここまでの解説で、Dr.タパナが
タイ国内で多大なる影響力を持つ人物だということが
お分かりいただけたかと思います。

ここでしっかりと思い出していただきたい事は、
冒頭でお伝えした通り、彼がASECフロンティアの
CEOという立場に就いている、ということです。

暗号通貨を普及させていくための
基盤を作りえる人物が、プロジェクトの
CEOという立場に立っているのであれば、

「プロジェクトの成功確率は非常に高い」

言えるのではないでしょうか?

Dr.タパナの経歴をもっと詳しく知りたいなら以下の詳細資料をどうぞ。

Dr.タパナの経歴を
もっと詳しく知りたいという方は、
以下の詳細資料をご確認ください。

*ASECコインの詳細を確認する
ASECコインの詳細はこちら>>

*ASECコイン詳細資料

 

こちらもお読みください【オススメの関連記事】

スポンサードリンク